FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏虹:そして大雅はオーラをまとった。

とうとう夏虹が終わってしまった。
詩織に対する私の気持ちは一体なんだったんだろう。

心の中で燻ぶっていたかたくなな思いは…。


あんなに美しくけなげで
まじめな大雅くんの
心を独り占めにしながら

死に別れた
夫のことも死ぬまで忘れないと言う。

切なくて
私なら耐えられない。
大雅くんには耐えられる?
けなげな彼だから
笑顔で受け入れてしまうのでしょう。


すばらしい舞台。
大雅さんの
朗々とした台詞回しに
私の心配は感動へ変わる。
そしてオーラをまとった体は
一段と存在感を増す。
もう、たとえせりふがなくても
キラキラして目が離せない。


カーテンコールで
航太郎さんの拍手を
見つめる大雅さん。
ここから
あなたの輝かしい
役者人生が始まる!
もう、2世タレントなんて言わせない。
誰よりも輝いていた。


慶太のおかあさんや、
桜と伊良部。
気になることはいっぱいある。
ドラマはこれから始まろうとしているのに…。
貴方は
詩織のもとへ行ってしまった…。
私はソコから締め出された寂しさで
まだ、当分
詩織へのもやもやした気持ちを抱えることでしょう。



照明係の二宮さん、
大人びて見えた。
もう、永遠の17歳ではないんだ。
”いびつ”な誠治くんの姿を、
普通の物語として描きたいと
おっしゃっていた
二宮さんの”火9”に
バトンは渡ったんですね。

松本さん、すてきな大雅くんを
ありがとうございました。


| 夏の恋は虹色に輝く | 10:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。