FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

嵐にしやがれ:リアル未知との遭遇(大野智)

(9/4)嵐にしやがれ 

リアル未知との遭遇しやがれ


UFOを呼ぶための極意は、真剣に呼ぶけれど一生懸命ではいけない。瞑想で銀河まで自分の魂のようなものを飛ばす。今回は意外にもすごく精神性の高い話。たくさんのカメラとスタッフの中でやすやすとその境地にたどり着いてしまう大野さんに釘付け。瞑想する大野さんは、仏門の僧侶のように穢れなく美しかった。一体何を見、何を感じたのか?瞑想をした大野さんの話を、ゆっくり聞いてみたい。なんか不思議な時間でした。




レポは、一応書きましたけどこれは見るしかない…。

大野:来ました。
カーテンオープン
大野:こんにちは。
相手:無言で瞑想中。
大野さんの困った顔がツボ
相手:おっ!失礼しました。今ちょっと時間があるんで瞑想してました。
大野:瞑想?
相手:大野さんは僕のことを知っていますか?
大野:いや、わかんないです。
相手:僕は矢追純一といいまして…。

P1020812_20100905122044.jpg



ナレーション:Mr.UFO矢追純一。日本いや宇宙を代表するUFO研究の第1人者からUFOとコンタクトを取る極意を真剣に学びやがれ。

矢追:大野さんは見たこと無いですか?
大野:UFO見たんですか?
矢追:何回も見ました。
大野:やっぱ、いるもんなんですか?
矢追:UFOがいる事は120%確実です。
大野:えぇ!?
矢追:僕は瞑想っていうので、つながることが多いんですよ、彼らと。
大野:えっ?じゃあ今、最初の、ボクが来る前に瞑想してたのは…。
矢追:宇宙人とつながりたいなと思ってたの。あっという間に大野さん現れちゃったから、まだそこまではいってないんですけどね。
大野:あっ、じゃあもうちょっと遅かったら…。
矢追:ひょっとしたらね。
大野:ひょっとしたら?
矢追:うん、ひょっとしたら。そんな、年中つながるというもんじゃないんですよ。
大野:日本でも見えるんですか?
矢追:日本でもしょっちゅう見れますよ!
大野:しょっちゅう?
矢追:今からUFOを、ビデオで持ってきたので。
大野:えっ!?
矢追:それを見てみましょう。

1995年11月11日神戸市西新ニュータウン。
映し出された映像は街灯と薄曇の空。中央には何か三角の物体が…。
大野:これですか?
矢追:これね、今にアップになりますけど三角形をしてて赤いでしょ。
ワイプの大野さんは眉間にしわを寄せて。
大野:赤いですね。
矢追:赤い色してますね。昼間だから光ってるわけじゃない。
中央の物体がアップに!
矢追:ほら、三角形で赤いですね。
大野:わー!昼間ですよね。
矢追:昼間。で、これはヘリコプターでもないし飛行機でもないじゃない。

2001年7月12日神戸市中央区諏訪山。
街が眼下に広がる良く晴れた夏の風景映像。赤いマルが画面向かって左上に。その輪の中にあるものを見ようと真剣な大野さん。
矢追:これはね、ちょっと面白いUFOなんですけど。今丸い中にね、赤の丸い中にうっすらとひし形のものが見えてるでしょ?影のような、ひし形してるの。
大野さんはちょっと画面から引いて見て
大野:あぁ、影のような、はいはい。
矢追:うっすらとね。
大野
:はいはい。
矢追:こういうふうに半透明だからはっきり見えないのもあるんですよ。
大野:えっ!?こんなでかいんですか?
矢追:でかいですよ。
大野:オオ、もう一体。
このとき、赤いマルはまだひとつ。私は赤いマルに集中して大野さんに言われるまで気がつきませんでした。巻き戻すと、大野さんの言葉と同時に右端からスーッと現れる物体。
矢追:そう、もう一体入ってきます。こんなんだと、普通見てもわかんないでしょ。
大野:はいはい。
矢追:よっぽど注意深く見てないとね。
大野:そうですね。
矢追:これはたまたまビデオに取れたのでよく見えるわけですけども…。こういうのもあってですね。これが例えば夜だったらもっと分かんないですよね。
大野:まぁそうでしょうね。全く見えないですね。えっ!?でかいっすねぇ。
矢追:相当でかいすよね。
大野:ほう。

画面は小部屋に戻って
矢追:UFOとコンタクトしたいと思いますか?
大野さん、一瞬無言。
大野:UFOと?
矢追:そのための極意を教えます。
大野:はい。
矢追:電波を使いやがれ!です。
大野:電波。
矢追:電波ってねぇ、UFOと関係あるらしくて…。
大野:はい。
矢追:例えばテレビ局。それから軍事基地、レーダーがあるからね。そういうとこによく現れるんですよ。人間もねぇ、電波発射してるんですよね。だから宇宙人に会いたいと思ったら会える!
大野:えっ!?なんかやり方はないんすか?
矢追:真剣にやんなきゃダメなんですけども、一生懸命はダメです!
大野:一生懸命はダメ?
矢追:一生懸命は力入っちゃうじゃない。
大野:はい。
矢追:リラックスして真剣に瞑想する。(UFOの呼び方①)で、下半身はどうでもいいんです。座ってても。
大野:あ、いいんですか。
矢追:体(上半身)は垂直に立っている状態。(UFOの呼び方②)。
大野:はい。
矢追:で、目を閉じて呼吸をゆっくりする。(UFOの呼び方③)そのあと、自分の魂だかなんだかわかんないんだけども、自分のカラダから出して遠くへ行って日本列島が、それから地球が見えて、太陽系が見えて、銀河系になるわけですよ。そこまで行ったら「僕が住んでる地球に一緒に来てください。」って言って頼む。(UFOの呼び方④)と、ボーンとUFOが見えると…。
大野さんの優しい笑顔のUP。
大野:その間何分ぐらいなんですか?
矢追:早ければ数十秒でしょうね。
大野さんはちょっとまた笑って
大野:そんなすぐ会えるんですか?
矢追:今日はですねぇ、この日テレの屋上で…。
大野:はい。
矢追:コンタクトしてみて下さい。
大野:今日!?
矢追:今日。一応UFOが来た時に備えて警備員を用意してあります。
大野:警備員?
矢追:警備員をあまり信用していないな?
大野:警備員もビビちゃうんじゃあないですか?

ナレーション:このあと半信半疑の大野に奇跡が起こる!

夜7時 麹町 日本テレビ屋上 天候くもり

ナレーション:今にも雨が降り出しそうな中待ち構えるカメラは3台。警備員もスタンバイOK!いざ、UFOとコンタクトしやがれ!

P1020813.jpg


スタッフ:矢追さんからプレゼントです。(電飾が全体に光る矢追特性赤いジャケット)
これを着て
大野:これで完成?
ワイプの矢追:大野くんは地球上では有名かもしれないけど宇宙人のほうではわかんないかもしれないので派手にピカピカと光るモノを用意しました!
大野さんはきらきら光る電飾ジャケットに身を包み胡坐をかいて、後ろの警備員にむかって
大野:じゃあ、いきまーす!
瞑想開始!
ワイプの矢追:こういう中でも緊張しないでちゃんと瞑想してるみたいだね。
ナレーション:3分が経過。まだ空にUFOは現れない。
ワイプの矢追:意識をずーっと宇宙のほうまで上げていくと良いよね。
ナレーション:そしてあっという間に5分が経過。さすがにすぐには来てくれない…。と、その時!
大野:来た!
スタッフ:あっ!来た!何コレ?
大野:何コレ?超はっきり映ってるよ!
ナレーション:アンビリーバボー!
大野:ホントだ!あるよね。エッ、マジで?すげー。
ナレーション:それは正面上空をとらえていた①番のカメラに映っていた。正面右下に光る半透明の白い光。これははたして、UFOなのか?
大野:先生に見てもらおうよ。
スタッフ:そうだね。

矢追が緊急検証。この光の正体とは!?
矢追:ハレーションって考えるのが妥当かな?
スタッフ:照明の?
矢追:うん。

ナレーション:矢追の分析によるとこれはただの照明の反射。スタッフのぬか喜びという残念な結果。しかし、Mr.UFO矢追が別の所に目をつけた。カチンと音がして一瞬切れたんですね。超常現象であることは間違いないですね。矢追が目をつけたのは白い光。実は撮影開始から映っており、スタッフは照明の反射だと思っていた。だがこの光が消える瞬間があるという。

光は確かに消えていた!!

矢追:これってさあ、ひょっとしてね。これが(白い光)UFOでちゃんとした光を出していて、その光が強いからレンズの中にハレーションとして映っている(スタッフと大野さんが見たもの。)ですよ。これをUFOだと言えるかもしんないよ。

大野上行ったもん俺!本気で!
スタッフ:どこら辺に行ったんですか?
大野もう、銀河抜けて!!「おいでよ」って言って、でここまで来た。
大野さんはワイプ方向を見て
大野どうですか?ボク真剣にやりましたよ!本気で!矢追:大野くんの瞑想は100点ですけども、UFOに関してはもっと詳しい解析にまわそうと思うので90点、というところでしょうか。

ということで、更なる解析結果を待ちやがれ。


瞑想ってすごい。大野さんはどんな瞑想をしてどこにたどり着いたの?本当に聞いてみたいです。やっぱり大野さんはかっこいい。

| あらしごと 嵐にしやがれ 未知との遭遇 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT