FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

櫻井翔(特上カバチ):ありがとう、カバチ!!

(基礎データです。ご存知の方どうぞ飛ばして読んでください。)

最終回 10/03/21 最後の敵!それは父!!
脚本:西荻弓絵 / 演出:加藤新

田村 (櫻井翔) と 美寿々 (堀北真希) が、詐欺罪で告発したレアメタル詐欺団が起訴猶予になり、全員釈放された。弁護にヤメ検・鷲塚 (竜雷太) がついたのだ。

実は、鷲塚は田村の父親で、検事時代に活躍したことから今も現役検事たちに強い影響力がある辣腕弁護士。大野 (中村雅俊) は、“闇社会の救世主” と呼ばれる鷲塚には太刀打ち出来ないと田村を制する。さらに 栄田 (高橋克実) からも、「 黒を白にするような弁護士と争ったら、うちなんて簡単に潰されるのがオチだ 」 と慰められる。

そんな矢先、田村は多重債務にあえぐ居酒屋の店主・水野 (中村靖日) の依頼を受ける。水野は、債務整理の相談をしようと広告で見た 「 多重債務者救済センター 」 を訪れたが、そこで 犬神弁護士 (坂口憲二) を紹介された。犬神からは、自分が街金に話をつけるので毎月の返済金を犬神の銀行口座に振り込むようにと指示され、毎月決められた額を支払っていた。にも関わらず、借金は減らず、再び取立て屋から電話がかかってくるようになったのだと言う。

田村と美寿々は、犬神が弁護士であるにも関わらず、紹介屋と手を組み、多重債務者を食い物にする 「 提携弁護士 」 の疑いがあると判断。早速、調査に乗り出すと、犬神は鷲塚が一番可愛がっている愛弟子であることが分かる。田村はますます父親への不信感を露にする。

そんな中、鷲塚から大野行政書士事務所に水野と犬神の件で、示談の条件を提示する電話が入る。しかし田村は、法律を金儲けの道具にする鷲塚を許せず、徹底抗戦の構えだ。

田村は、最大の敵・鷲塚を倒すため、検備沢弁護士 (浅野ゆう子) に協力を依頼。非弁提携禁止違反で地検に刑事告発することに。

弁護士に正面から戦いを挑む田村だが、これは一歩間違えれば大野行政書士事務所が潰されてしまう事にもなりかねない危険な行為だった。重森は、田村の行動に激怒するが、大野は田村の意思を酌み、見守ることに。

大野の看板をかけた大一番。理想の法律家とは何か?

行政書士補助者の田村は、父親であり、弁護士という大敵にどのような勝負を仕掛けるのか??(以上)




提携弁護士に泣かされている庶民がいっぱいいる。
悪徳弁護士を相手に戦いを挑む田村の正義が胸を打った。

櫻井田村、いい顔してるなあ。
なぜ、行政書士なのか?
今まで、ずっと疑問に思っていたことでした。
”庶民を救うために、弁護士ではなく行政書士
でいたい”という田村の考えが、そこにあったんですね。
納得しました。

それにしても、自分の考えを貫いた田村が大野事務所に
戻ってきたのは必然。
美寿々が、戻ってきたのは明らかに
彼女が、女だったと言うことの証明。
美寿々には、田村のためにも、弁護士になってほしかった。
大野事務所から、是非弁護士を目指していただきたいものです。

田村の父、酷いやつでしたね。
権力欲や、金欲のため悪魔に心を売り渡してしまった父。
父のような弁護士をのさばらせてはいけないという田村。
まっすぐな心を育てた、田村の母と祖父。
本当に、つらい思いを抱えて大きくなった田村だから
きっと、周りの人の心を動かすのだと思います。
ドラマは終わってしまうけれど、
彼がいる限り、希望はあると思える最終回でした。
ありがとう、カバチ!!
美しい櫻井くん、
まっすぐな櫻井くん、
ひたむきな櫻井くんが見られて幸せな3ヶ月でした。
さわやかなキスも男前でよかった!!



直接のストーリーからは外れますが
本多弁護士、どう見ても成瀬弁護士(魔王)。
演出の加藤新に心からお礼を申し上げたい。
そして、本田弁護士の活躍する
弁護士物語を是非、ご検討いただきたいと
思いました。

歌のお兄さんも、怪物くんも
とっても素敵なんだけど、
弁護士の大野さんには
メガトン級の魅力が詰まっています。

 
ありがとうございました

| 特上カバチ | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT