FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

櫻井翔(特上カバチ):詐欺師集団に立ち向かう田村は一人じゃあない!!

(基礎データです。ご存知の方どうぞ飛ばして読んでください。)

第九話 10/03/14 サギ師があなたを狙ってる
脚本:西荻弓絵 / 演出:韓哲


美寿々 (堀北真希) の引き留めも叶わず、大野行政書士事務所に
辞表を提出した 田村 (櫻井翔) は、アルバイトに励む毎日。

田村と同じアパートに住む老婦人・文子 (大森暁美) が投資会社に
だまされて虎の子の1000万円を投資した。解約したいと依頼したら、
9割を違約金として取られ、手元には100万円しか戻らないという。

その投資会社は、晴子 (田丸麻紀) が紹介した 「 インペリアル・
トラスト・アセットマネジメント (ITAM) 」 で、希少金属である
レアメタルへの投資を斡旋していた。
晴子は田村に何とか文子の力になって欲しいと頼み込む。

田村は、その手口は投資詐欺の可能性があると判断。

一方、美寿々も友人の依頼で、田村と同じく ITAM と大河内の調査を進めていた。

田村は、文子の担当者・銭鳥 (田中幸太朗) に会いに行くが、
悪徳営業部長の 金好 (村杉蝉之介) が4人の対応をすることに。
田村は契約金に関する説明不十分を理由に、1千万円の全額返還を依頼するが、
金好からは証拠がないなら営業妨害で訴えると切り返されてしまう。

あの手、この手で投資会社を揺さぶる田村だったが、ある日、田村は金好と銭鳥に嵌められ…。(以上)



法律で人を救おうと、熱く闘ってきた、田村。
絶望の淵で苦しみ、あきらめ切れない人たちを
次々と救ってきた、田村。
その情熱に、クールな美寿々がどんどん引っ張られて
最強コンビが出来上がっていたのに…。
一度の仕事の失敗、大野所長のきつい言葉に、
重森や栄田に相談もせず辞表を出した田村。
所長は田村を見捨てた?


詐欺集団は怖いですね。
警察を敵に回すとこう
ゆう目にあうのかという…。


「若い者を独り立ちさせるときに大人はむやみに手を貸してはいけない。」
大野所長の気持ちがやっとわかりました。
法律を武器に正義のために闘うって、半端な知識や情熱じゃあ
逆にやられてしまう。
一人で闘っているなんて思った田村はやっぱり間違っていた!
「同じ志をもった先輩たちと闘わせてください!!」
底まで堕ちた、田村がたくましくなってかえってきました
櫻井さん、かっこよかったです


なんだかこれからの田村の活躍のほうが楽しみなのに
あと一回だなんて、
田村の父、悪徳敏腕弁護士鷲塚との対決
どんな着地点が用意されているのかとても楽しみです。
(嵐大野さんが弁護士で友情出演!!も)

こちら⇒特上カバチ公式ブログ


以下13歳男子のホワイトデー後日談です
学校から帰ってくるなり、
「配りきれなかった~。」

13歳男子は、床暖の上で寝ちゃっているけど
「配るならちゃんと配ってから帰ってこい!」
ですよね。

いまどきは全員にお返しするの?

???。
もしかして、13歳男子が貰ったチョコって全部
義理チョコ?友チョコ?
中学生の付き合いも大変ですね。


ありがとうございました

| 特上カバチ | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT