袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あれは2008年の夏だったんだ。


POTATO 2008/10月号
大野智 生田斗真 conclusion より

生田:…大ちゃんは、ああいう役をやっても変わんないよね。現場ではもっと魔王な感じになるのかと思ってたら、いつもと同じ柔らかい感じで。
大野最初はちょっと意識的に暗くしてた部分はあったんだけどね今はもう普通にしてても成瀬領を演じられるようなったから。


何気なく手にした雑誌は2008年10月号のPOTATO。赤いソファーに腰を掛け小首をかしげてこちらに視線を向けるその人が、あまりに美しく穏やかなのにオーラが強すぎて、私は一瞬呼吸をするのを忘れた。成瀬領。その人を演じた大野さんが儚くも官能的で刹那な眼差しを私に向けている。あれは、2008年の夏だったんだ。走馬灯のように巡る記憶がたどり着く先は、Power of the Paradise のPVメーキング。圧巻のパフォーマンスの合間に二宮さんと歩道のベンチに座る一番争い。当然あの日の成瀬領はどこにもなくて、、、いつもと変わらずふわっと柔らかい感じの大野さん、、、いいね。


拍手、拍手コメをくださった方々ありがとうございました。
よい週末を♪





| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2005年以前 | 21:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。