袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『One』だね!

duet 2010/10月号

ライブツアーSTART!!
嵐が見ている風景は…
ARASHI
5色の虹が輝くとき より

「個人的に好きだったツアーは?」と聞かれて

大野智

『One』だね! テーマがしっかりあったし、アルバムもいろんなタイプの曲があったし、楽しかった。そういえば、あのときのソロの『Rain』もイケてたな(笑)。われながら、いい振り付けだった。


”Japonism Show in ARENA”で大野さんが魅せたソロは『Rain』。9年前のコンサート、“Time-コトバノチカラ-”でのソロが『Song for me』であったことを考慮しても、『Rain』選択は、やっぱり、思い入れの深さの証明のような気がする。私はこの記事を思い出し、ひとり頷いてしまった。私にとっては虚構と現実が交錯する大野ワールドの入り口のような楽曲である。大野智は一アーチストであり、実存するにも関わらず、あまりにも遠い、それなのに抱くシンパシー。それこそまさに嵐の仕掛けた罠。本当に抜けられなくてHappyです(笑)。


名古屋は静かな雨です。
よい一日を♪

| 嵐アーカイブ 大野智語録他 2010年以降 | 11:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。