袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バランス

Duet 2000/May

キビしく、やさしく・・・バランス感覚が人としての条件・・・・・・・・桜井 翔 より

櫻井 翔

・・・オレが好きなのは、北野武さん。キレモノって感じでしょ。バカもできるけど、すごく知的。いろんな才能があるし・・・。    いままで、自分に影響を与えてくれる人、いろいろいたけど、自分的な理想は、厳しさとやさしさをあわせもったような、バランスのとれた人。それは“男として”というより、“人間として”そうありたいと思うんだよね。



今年の“Japponism”Show in ARENA 参戦は久しぶりの嵐ゴト。初めて参戦したのは、5×10。 あのとき、一緒にいった友達の姪っ子はたしか中学一年生だった。今回(7月24日、エコパアリーナ)再会した彼女はきらめく女子大生。 この成長の分だけ嵐も時を重ねているのだと思うと、感慨深いものがありました。 今回、運よくアリーナ席だった私、目の前に大野さんが、櫻井さんが、松本さんが、二宮さんが、相葉さんが、思い出すだけでも体が震える光景。そんな中、目線があったと思ったのは、櫻井さん。大野さんのうちわ持ってる私に、なんともいえない寂しげな眼差し。もう、私胸キュンです。『次は絶対櫻井さんのも持っていきます!』思ったのはいうまでもありません。そんなわけでこの記事に、厳しさとやさしさをあわせもったのは、あなた様ではないのですか、なんて思ってしまったわけです。 大野さんを見限ったわけではありません。大野さんはざっくりと目を合わせてくれました。この慈悲あふれる視線の送り方。『なんか大人になりましたね』って上から目線で、これまたキュンとしてしまった私ではあります。






| 嵐アーカイブ 櫻井翔語録他 2005年以前 | 21:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。