FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワイドショーのレポーター(松本潤)/嵐アーカイブ

Wink up 2006/3月号

嵐 TASTE of HONEY より


松本潤


年始のハワイはね、おもしろかったですよ、すごく。半分仕事だったけど(笑)…  あのね、ハワイについたとき、ワイドショーのレポーターさんたちがいたわけですよ。「ちょっとお話うかがってもいいですか?」ってことで、みんなで話し始めたら、もうね、森さんがいて、東山さんがいて、じゃん?オレらが話しはじめたときには、もうオレらにはそんなに興味ないなって感じが伝わってきたのね(笑)。でも、あの人たち大変だなと思ったのが、こんな芸能人がハワイに来ました!そういう絵を撮るために、とにかく話を聞かなきゃいけないの。「もうそろそろおなかいっぱいですよ」って空気を出しながらも話を聞いてるのね(笑)。それを見てて「うわぁ…大変だな」と思ったね。なんていうの?ちょっと味気ない話だなぁと思ったよ(笑)。でも大変だよ~。だって誰が来るかもわかんないのにさ、ずっと空港で待ってるんだよ?オレら着いたのなんて、朝の6時なんだから(笑)。



今もこういう取材は行われているのでしょうか。最近ワイドショーでこういう場面を見た記憶がないのは、単に私がそういうテレビを見なくなったというだけのことかもしれませんが、一昔前ならよく画面を通してこういう場面を目にしてきました。でも、その裏側は知らなかった。レポーターの皆さんが自分にマイクを向ける頃には、食傷気味になっていたのがわかったとおっしゃる松本さん。画面のこちら側では、どの取材も盛り上がっているように見えたけど、その大物度によって、露骨に態度が変わったりする。華やかだけど、ホント味気ないシビアな世界。裏側からじっくり観察する松本さんの目の付け所が面白い。今だったら松本さん、まったく違う風景を見ることになるんだろうなとも思いますが…(笑)。

| 嵐アーカイブ 松本潤語録他 2006-2007年 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT