FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラマ「家族ゲーム」が終わって…/ひとりごと

6月19日櫻井さん主演の「家族ゲーム」が最終回をむかえ、ドキドキしながら家族で観続けたこのドラマの感想を一度もupしてなかったことに気づきました。

大学生の長男と高校2年生の次男に引っ張られる形で、
怖いシーンをなんとか観続けたこのドラマ。
何度も泣かされたドラマでもあったのですが、
次男の学校では、このドラマの話題でかなり盛り上がっていたよう。

次男:女子は、辛いシーンで泣くらしいんだ。
私:それでも、観るの?
次男:うん。
私:最後まで観ていると、感じるものがあるよね。
長男:『鈴木先生』以来の名作だね。
私:『鈴木先生』、好きだったもんねぇ。『家族ゲーム』終わちゃったけど、何があんなに魅力だったんだろうね。
長男:う~ん。
次男:言葉にしろって言われても…。
長男:あのさぁ、吉本荒野の手のひらの上で沼田家の住人が踊らされているところとか…。
私:破壊と再生みたいな?
長男:それが、すべて吉本荒野の手のひらの上で行われてたよね。
私:なるほどね~。最後、エンドロールの後もなかなかだったよね。
長男:あれがあって、最終回は救われたよね。
私:?
長男:ちょっとつまんなく終わりそうだったからさ。
私:なんか、次を期待しちゃいたくなるエンディングだったね。
次男:そういうんじゃなくて、あのエンディングは良かったと思うよ。
私:浅くて、すいません(笑)。

最終回当日(6/19)、クランクアップの模様をOAしていた「めざまし」で。

櫻井:あっという間の3ヶ月でした。周りの人にも「挑戦だ」とか、「イメージの変わる役柄」とかたくさん言っていただきました。
神木:僕自身、こんなに楽しい現場が初めてだったので、
櫻井:えっ!?
神木:ホントに、ホントにホントに!全然、行くのがホントに楽しみだったから。これがないと、寂しいです。

神木くんと櫻井さんの熱い握手を見ながら、二十を迎え、子役から青年へと変わっていく神木くんにとって、櫻井さんはずっと大きな存在として心に残っていくんだろうと思わずにはいられませんでした。櫻井さんが撮影がすごく順調で、思わぬ時間がたくさんできたとおっしゃっていたことを思い出します。作品の勢いそのままに携わった人たちみんながひとつになった素敵な現場を想像して私まで心に熱いものを感じました。このドラマの感想は改めて書かないかもしれないけれど、櫻井さんの代表作になる予感がします。そして、このドラマでの櫻井さんを木更津キャッツアイのバンビと共にずっと心に留めていくと思います。

| わたしごと | 10:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT