FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

嵐のメンバー紹介(二宮和也篇)/嵐アーカイブ

duet 2007/12月号

All About Arashi
9年目の自己紹介 

嵐のメンバーを紹介してください より


相葉:ニノとはよくしゃべってる。楽屋とかでも、他愛もないことをひたすらしゃべってる(笑)。彼はゲームをよくやってるけど、オレが台本を読んでると「遊ぼうよ!遊ぼうよ!」って、よくジャマしてきますね。家の方向がいっしょってこともありJr.のときから12年くらいのつき合いなんで…。よくアクティブな遊びをしました。野球とか、バッティングセンターとかね。ゴルフにもふたりで行ったりしましたよ。まとめると、おしりかじり虫。よくわかんないけど(笑)。

櫻井:まず、ゲーム好きでしょ?(笑) あと、人の懐に入るのがうまい。相手の世代問わず、初対面でもすぐ仲よしになってる。で、冷静だよね。一歩引いたところから見てる感じ。

松本:メンバーいち子どもっぽいところもあるが、ハスに構えて毒づくギャップもある。

大野:ニノはゲームをしながらよく隣に来る。のぞき込んで話しかけてみるとちゃんと答えてくれる。どういう状況でも、話しかけると答えてくれる人(笑)。




ハスに構えて世の中をみている冷静な二宮さんと、大野さんの隣でゲームをやりながら、話しかけてくれるのを待っている子供みたいな二宮さん。2000年4月号のPOTATO『One of 嵐』の中で、松本さんは、「ニノと相葉くんは入った時期が同じで、よく知ってたよ。ニノは今と同じでやっぱり芸風が変わってて(笑)。おもしろかった」とおっしゃっています。松本さんがおふたりに出会った1996年、松本:5月、二宮:6月、相葉8月と、三人は次々と入所。そのころから、一風変わった芸風(!?)でみんなを楽しませていらっしゃった二宮さん。ちょっとニヒルで皮肉屋だけど、嵐一番の寂しがり屋で甘えん坊、そして嵐イチ嵐ファン。メンバーからの愛に包まれたこの人もまたギャップ王子だなって思います。

| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2006-2007年 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT