FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

嵐のメンバー紹介(大野智篇)/嵐アーカイブ

duet 2007/12月号

All About Arashi
9年目の自己紹介 

嵐のメンバーを紹介してください より

大野智


相葉:趣味はわりとインドア系のものを言っていますが、釣りも好きみたいですね。っていうか、最近釣りに行った話をしてたけどけどウソじゃないかって思います(笑)。そういう釣り好きなキャラを作ってるのかな?ふだんは無口だけど話しかけるとノってくる。食事に誘っても時間が合わなくてなかなか行けなったりするけど、まとめるといい人です。

櫻井:職人でありアーティストですね。極度に自分に厳しい人です。ふだんはボケーっとしてるけど、コンサートで見せる“大野智の本気”はスゴイ!TVでしか見たことがない人は、コンサートに来るとびっくりするでしょう。

二宮:いい人ですよ~。あの人を悪く言う人はいないんじゃないかな。自分のペースがある人ですね。

松本:絵を描いたり、粘土を作ったり、芸術センスはピカイチ。ふだんはあまり動かない(笑)。


二宮さんが“あの人を悪く言う人はいない”とおっしゃる通り、メンバーひとりひとりから愛のあるメッセージをもらう大野さん。釣り好きであることも、職人でありアーチストであることも、芸術センスがピカイチなことも今では周知の事実だけど、このときは、嵐とファンしか知らなかった。っていうか、メンバーをして、釣り好きはキャラ作りだとしか思われていなかった2007年。嵐の最終兵器が世にその実力を知らしめた2008年まであと少し。2000年4月号のPOTATO「ONE OF 嵐」の中で松本さんは大野さんについて“大野くんはほかの人となんか違うキャラクターで、最初はあんまりしゃべるタイプじゃなかった”とおっしゃっています。グループの中でそんな微妙な位置にいた大野さんが約8年の時を経て、嵐のかけがえのないメンバー、リーダーとして愛されていることがわかる言葉たちが愛おしい。出逢えばみんなその実力に魅せられる。「すばらしい芸術の才能をお持ちです。それを見いだしたとき、自分のことのようにうれしく思いました」(毎日新聞デジタルより)とおっしゃった草間彌生さんもそのひとり。チャリティーシャツ、今日のお披露目が待ち遠しいです。



| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2006-2007年 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT