FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

嵐アーカイブ:嵐の歩みを“旅”にたとえると?二宮和也編

MORE 2011/5月号

嵐 一緒に行こう。 
嵐の歩みを“旅”にたとえると? より


二宮和也

明日終わるかもしれないし、
ずっと続くとは決して言いきれない。
「先がある」と思いながら
仕事はしていないから。
そんな軽い気持ちで挑まれたら
周りも困ると思うしね。
僕は、毎回「これが最後だ」と
そう思って仕事とは向きあっている。
そういう意味では、毎回がゴール。



一回の失敗が周りをも巻き込んで命取りになることがある華やかな世界。私たちの見ている嵐は5人だけど、二宮さんが見ているカメラの向こう側には沢山の人生がある。二宮さんや嵐のみなさんはそれらを背負って今日もカメラに向かってほほ笑みかける。その健気さが愛おしい。

よい一日を♪

| 嵐アーカイブ 二宮和也語録他 2010年以降 | 08:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

COMMENT








PREV | PAGE-SELECT | NEXT