袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢のチカラ。(大野智)/嵐アーカイブ

Myojo 2003/6月号

すげぇ
汗だく!!
でも、涼しい顔で… より

大野:舞台が終わったら、今度は新しい絵を描き始める予定なんだ。
Myojo:おっ、それは楽しみー。また、コンサートで披露してくれるの!?


大野智

新作は完成してもすぐには見せたくないなー。いろんな作品を一気に見せたいの。個展ができるぐらい描きためてからね、それが俺の夢だから。


夢を夢で終わらせなかった大野さん。どんなに忙しくても、いろんな失敗をしても、手を止めることなく、作品を作りづつける。そして、そのさきに、みんなが驚き感動する瞬間がある。今も、この夢の続きを思い描きながら大野さんは作品を作り続けているんだろうなって思ったら、私もまだ夢を諦めたくはないなって思えてきます。
スポンサーサイト

| 嵐アーカイブ 大野智語録他 2005年以前 | 08:47 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。