FC2ブログ

袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『人生が変わる1分間の深イイ話』:実写版を演じる覚悟。

先日(11/21)の『人生が変わる1分間の深イイ話』

怪物くんVS人気キャラSP
キン肉マン30周年
超人たちが実写版で登場
リング上で実際に試合
大人たちみんなが
子供に戻った一日だった より

羽鳥:(マツコ・デラックスに)う~んですか?
マツコ:オカマだったんでね、私。キン肉マンを通り過ぎずに来ちゃったんですよ。あの、ビルみたいなの何マンだっけ。
サンシャイン
福田:サンシャイン。
マツコ:あれはあれでいいと皆さん思いました?
福田:いやいや、原作でいうともっと大きくないとおかしい。

伊集院:ボクは…本気なのが良かった。漫画を実写にするときに、ちゃちでいいやと思ったら終わりなんです。ちゃんとプロレスラーの人いっぱい集めて、ちゃんと原作をリスペクトしてやってるなっていうところに…。
大野:ボクも、それなんですけど…。怪物くんやってるのもあって。やっぱ、最初に勇気、いる、もんなんですよ。
伊集院:原作を好きな人もいっぱいいるからね。
大野:そう。そういった意味でも本気で戦ってるし、吹っ切れてる感じがいい。
羽鳥:大野さんも、怖さも吹っ切ってドンとやってると。
大野:先生にも「吹っ切って、大野くん流でっていわれて。ま、そこが救いだったんですけど」
川島:大野さんの怪物くんを見たときに、気持ち決めたんだなって。
大野(爆笑)。
羽鳥:よかった。大野さんの気持ちを決めたのが伝わってるわけですから。
大野:伝わってるんですね。ボクが本気でやんなかったら危なかった訳ですね。


主演の大野さんが、気持ちを決めたことで実写版「怪物くん」は成功したと言えるのかもしれない。その境地に至るまでの大変な悩みと、それを吹っ切る勇気。決心した大野さんの本気が現場を引っ張っていたんだなって思うとジーンとしてしまいました。

(こびとづかん、大野さんは「小学校の時に、ああいう絵描いてたんですよ」とおっしゃっていましたが、あのシュールさ、たしかに大野さんの作風とかぶってる!これは是非作者「なばたとしたか」と話し合っていただきたいなと思いました(笑)。)



嵐の明日に架ける旅
本日・11月23日(水・祝)NHK[総合]後7:30〜8:43
嵐がNHK初冠!
日本各地の魅力溢れる人々を訪ねる特別企画!!

楽しみですね♪

スポンサーサイト

| 怪物くん | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。