袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嵐アーカイブ(2002):メンバーの考察(相葉雅紀篇)

Myojo 2002/8月号 スーパーアイドルが語る人生のGOOD or BAD ?

人間誰だって、カッコいいときもあれば、カッコ悪いときもある。それは嵐も、いっしょなわけで…。メンバーによる考察も交えて、5人のいけてる瞬間&いけてない瞬間を分析してみましょー。 より



メンバーの考察(相葉雅紀篇)


二宮:仕事の合間に遊んでるときは、ホント輝いてる。でも、"なんで遊びなのに、そこまで一生懸命なんだよ”って思ったりもする。


大野:テンションが上がってるときはすごいね。”コイツ、限界がないんじゃないか?"って思うくらい元気。でも、ちょっとは加減したほうが…。


櫻井:「USO!?ジャパン」の心霊系ロケのときはカッコいいし、頼りになるよ~。仕事の合間にハシャギすぎてバテてるのは、みっともないけど。


松本:たまに、ねらいじゃなくて本気でボケてるんだよ。でも、本人は動じないし、開き直ってるときもある。カッコいいんだか、情けないんだか…。


仕事だって、そうでない時だっていつも同じく全力疾走。限界がないんじゃないかって思うほどの元気さに半ば呆れられているけれど、そんな日常が本番のミラクルに繋がっていったんだなって思います。本気のボケも含めてその一生懸命さが今もずっと続いている。「相葉雅紀の誠実」は筋金入りだなって思います。




相葉さん、肺気胸からの一日も早い回復をお祈りしていますm(_ _)m
スポンサーサイト

| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2005年以前 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。