袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

特上カバチ3

覚書

第三話 10/01/31 パワハラ経営者に勝つ方法
脚本:西荻弓絵 / 演出:今井夏木 


大野行政書士事務所で働き始めた行政書士・住吉美寿々 (堀北真希) は、補助者の 田村 (櫻井翔) をこき使う。重森 (遠藤憲一) や 栄田 (高橋克実) は美寿々を大歓迎。田村に、美寿々の足手まといにならないようにと促す。
ある夜、田村が美寿々から命じられた作業をしているとコピー機が故障。男手一つで子供を育てているという 枯草 (石黒賢) が、娘を連れて修理に来るが、帰る頃になって娘が高熱を出している事に気づく。田村は急いで帰るように促すが、枯草は突然の解雇通告に寝る家も、どこかに泊まる金もないと言うのだ。田村は自分のアパートに二人を泊まらせることに。

その頃、美寿々のマンションに友人の 岡本桂 (木南晴夏) が涙ながらにやって来た。桂は枯草と同じナイトー事務機器で働く派遣社員で、派遣契約が切れたままズルズルと働かされていると相談される。

どうやら二人が勤めるナイトー事務機器には、大手銀行から出向してきた非情な取締役・黒川隆 (神保悟志) が、非情な派遣切りをし、多くの派遣社員が路頭に迷っているようなのだ。

偶然にも枯草と桂が同じ会社に勤めていることから、美寿々は枯草の会社に対して給料の前借りを請求する件と合わせて、契約更新の件も引き受けることに。田村は自分も担当すると一歩も譲らないが、大野 (中村雅俊) は、美寿々と田村に枯草の案件を担当させることに。田村が補助者として美寿々をサポートする形で、二人で依頼を担当する。

果たして、田村と美寿々のコンビは枯草と桂を会社から守ることが出来るのだろうか !?

ある夜、田村 (櫻井翔) が帰宅すると、大家の 晴子 (田丸麻紀) が困っている人がいるから話を聞いて欲しいとやって来た。現れたのは 吉田香織 (清水美沙)。夫が経営する饅頭屋が倒産し、現在夫とは別居中だ。

香織が今日、自分の銀行口座から現金を引き出そうとすると、口座が差し押さえられていたと言う。口座凍結の理由に覚えがなく、当面の生活費にも困った香織は途方に暮れていた。

翌日、田村は 栄田 (高橋克実) にどうにか香織を助けられないかと相談する。最初は断った栄田だったが、香織に会うなり態度が豹変。どうやら恋に落ちてしまったようで…。

香織は、銀行に口座の差し押さえを依頼した金融会社に行き、自分がサラ金の連帯保証人になっていることを知る。借用証書を見せられるが、香織は書類にサインをした覚えがないと言う。債務者の名前は別居中の夫、吉田学 (近藤芳正) になっているため、夫が香織の名前を勝手に使用した可能性が高い。

大野 (中村雅俊) は、この案件を 美寿々 (堀北真希) に依頼。田村と栄田が補助でつくことになる。早速、サラ金に調査に行くことになった田村は、栄田からあるモノを用意するよう命じられる。それを使えば借用書の偽造を見破ることが出来るのだ。

さらに、借用書の文字を調べる為、田村と美寿々は栄田の案内の元、筆跡鑑定人・元堀 (酒井敏也) を訪れる。

偽造が明らかになったがその証拠は依然、掴めぬまま。田村ら3人は、香織の夫・吉田のアパートを訪れる。吉田は、自分の名前は書いたが、妻の名前は誰の書いた字か記憶にないと白を切る…。

ある日、ようやく偽造の手がかりを見つけた田村は、一軒のスナックにたどり着く。そこで美寿々がキャバ嬢になりすまし潜入捜査を行うことに。

果たして田村と美寿々は、借用証偽造の証拠をつかみ、香織の生活を守ることが出来るのか?そして、栄田の恋の行方は…?

昨日のカバチで枯草さんの愛娘みさきちゃんが
桃のジュースをみんなで分けて飲もうというシーン、
ワークシェアリングを暗示していました。
みんな力を合わせてこの難局を乗り切ろうよ。
ってことですね。

ようやく興味がわいてきました。(9.1%)
スポンサーサイト

| 特上カバチ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。