袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワイドショーのレポーター(松本潤)/嵐アーカイブ

Wink up 2006/3月号

嵐 TASTE of HONEY より


松本潤


年始のハワイはね、おもしろかったですよ、すごく。半分仕事だったけど(笑)…  あのね、ハワイについたとき、ワイドショーのレポーターさんたちがいたわけですよ。「ちょっとお話うかがってもいいですか?」ってことで、みんなで話し始めたら、もうね、森さんがいて、東山さんがいて、じゃん?オレらが話しはじめたときには、もうオレらにはそんなに興味ないなって感じが伝わってきたのね(笑)。でも、あの人たち大変だなと思ったのが、こんな芸能人がハワイに来ました!そういう絵を撮るために、とにかく話を聞かなきゃいけないの。「もうそろそろおなかいっぱいですよ」って空気を出しながらも話を聞いてるのね(笑)。それを見てて「うわぁ…大変だな」と思ったね。なんていうの?ちょっと味気ない話だなぁと思ったよ(笑)。でも大変だよ~。だって誰が来るかもわかんないのにさ、ずっと空港で待ってるんだよ?オレら着いたのなんて、朝の6時なんだから(笑)。



今もこういう取材は行われているのでしょうか。最近ワイドショーでこういう場面を見た記憶がないのは、単に私がそういうテレビを見なくなったというだけのことかもしれませんが、一昔前ならよく画面を通してこういう場面を目にしてきました。でも、その裏側は知らなかった。レポーターの皆さんが自分にマイクを向ける頃には、食傷気味になっていたのがわかったとおっしゃる松本さん。画面のこちら側では、どの取材も盛り上がっているように見えたけど、その大物度によって、露骨に態度が変わったりする。華やかだけど、ホント味気ないシビアな世界。裏側からじっくり観察する松本さんの目の付け所が面白い。今だったら松本さん、まったく違う風景を見ることになるんだろうなとも思いますが…(笑)。
スポンサーサイト

| 嵐アーカイブ 松本潤語録他 2006-2007年 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さりげなく。(松本潤)/嵐アーカイブ

duet 2006/9月号

いいオトコは誰!?
決定!
A-1グランプリ 嵐 より

Q.いちばんリーダーシップがあるメンバーは?

松本潤

翔くん。残念ながら大野くんという答えは出てこなかったです。


Q.いちばんしっかりしてるメンバーは?

松本潤

大野くん。さりげなく。そういうところはキャプテンだなと。



大野さんがキャプテンと呼ばれるようになったのは、まごまごボート部がきっかけ。そのまごまごボート部で、悩む松本さんにさりげなく言葉をかけていた大野さんのことを思い出しました。表立ったリーダーシップは取らないけれど、さりげないやさしさを、松本さんはちゃんとわかっている。その空気感が素敵だなって思います。

| 嵐アーカイブ 松本潤語録他 2006-2007年 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

揺れる心(松本潤)/嵐アーカイブ

Wink up 2007/4月号

Jun Matsumoto
松潤特別インタビュー より


Q.…仕事と女性だったらどっちを取る?

松本潤

できれば…「どっちも大事だよ」って逃げたいね(笑)。要素としてはどっちも必要だと思うし。両立できたらベストでしょ。大きな存在のふたつだからこそ、揺れちゃうんだよ、きっと。



スーツ姿でポーズを決めてこちらを見つめているは、ふんわりカールした髪型とキリリとした眉毛がいかにも良家のおぼっちゃまの道明寺司。真っ直ぐな眼差しに色香漂う唇。花男リターンズの最終回が直前に迫ったころのインタビューです。松本さん、仕事と女で揺れちゃうんだ、って思ったけど……。昨日(5/31)のVS嵐の松本さんの“嵐の中で一番年下じゅんりんだよ”カワイかったな。“デコデコデコデコデコッパッチン港区のシジマール櫻井翔で~す”と、“東京生まれ31歳これでもアイドル特技はどこでも寝れる!”はさすが山コンビ、吹っ切れ方が気持ちよかったし、二宮さんの“にのりんだよ”もカワイかった。相葉さんの“3000年だよ”はミラクルで、最後の人間知恵の輪をクリアするくだりも本当に楽しそうで、全然揺れてないな、女より嵐(仕事)が答えなんだなって思ったのでした(笑)。

| 嵐アーカイブ 松本潤語録他 2006-2007年 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いいこともある!(松本潤)/嵐アーカイブ

Myojo 2007/4月号

アイドルから緊急メッセージ
いじめられてる貴方へ…。
いじめてる君へ! より


松本潤

高校生ぐらいまでは、学校が自分の中の大部分を占めてるだろうから、自分の居場所がないってことは、すごくつらいよね。その状態が苦しくてどうしようもないのであれば、別の世界に目を向けてもいいと思う。逃げるためじゃなくて、自分が先に行くために。その気持ちの違いはすごく大きいと俺は思ってて、イヤだからただ逃げるのと、ほかで自分の居場所を見つけようとするのは違うと思うんだ。俺もつらい経験したけど、こうして普通に生きてるからね。イヤなこともあれば、いいこともある!



学校が自分の中のすべてだった高校時代。イヤなことやつらい思いと真正面から向き合って乗り越えていくのはもちろん素晴らしいしカッコイイけど、私に関して言えば、乗り越えることなんてできないで、ちいさな世界のちいさな感傷に執着しすぎて、自分も人も傷つけていたなって思います。松本さんがおっしゃるとおり実はそこは世界のほんの一部で、他に居場所はいっぱいある。先に行くための別の世界に目を向けることができたら、きっと、世界はそんなに悪くない。幼いころ受けた心の傷は、決してマイナスになっていない。むしろそれは心のひだとなって深みを持たせているんじゃないかなって、心優しき松本さんをみるたび思います。

| 嵐アーカイブ 松本潤語録他 2006-2007年 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嵐アーカイブ(松本潤):愛のある方法。

Wink up2006/6月号

つれづれがたり より

松本潤

蜷川さんの演出って、やっぱり愛情があるんだよね。ただ、言ってることの高度さとか、やらせようとすることとか、やっぱり“世界の蜷川”ですから。難しいことを要求するし、聞いてると「なるほど」って思うんだけど、一発目でそれを表現できるような現場ではないのね。みんな蜷川さんを前に萎縮もしてるし…。感情を動かすための作業を、ものスゴくちゃんとやるんだ。そのためにわざとけなしたり、違う人にやらせてみたりとか…いろんなことをするんだけど。実際、言われてる本人がその場で理解しようとするのは難しいけれど、明らかに愛のある方法をとっているから。そこで本当になにを言おうとしてるかをちゃんとくみ取れれば…って感じ。



妥協の無い完成型が一回で出来てしまうことなんかない。高い目標にたどり着くためにする様々なことや指導者の輝かしい実績はときに若者を萎縮させてしまうけれどそこに愛があるから乗り越えられる。実績を重ねる巨匠の指導の基本にあるのは誰もが理解できる愛だった。指導する側とされる側の愛と情熱が目的地にたどり着く原動力。それを理解し打たれても打たれても立ち上がる松本さんを想像して私は胸が熱くなりました。妥協を積み重ねてしまう私にはとても刺激的で背筋が伸びるお話。

| 嵐アーカイブ 松本潤語録他 2006-2007年 | 11:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。