袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あれは2008年の夏だったんだ。


POTATO 2008/10月号
大野智 生田斗真 conclusion より

生田:…大ちゃんは、ああいう役をやっても変わんないよね。現場ではもっと魔王な感じになるのかと思ってたら、いつもと同じ柔らかい感じで。
大野最初はちょっと意識的に暗くしてた部分はあったんだけどね今はもう普通にしてても成瀬領を演じられるようなったから。


何気なく手にした雑誌は2008年10月号のPOTATO。赤いソファーに腰を掛け小首をかしげてこちらに視線を向けるその人が、あまりに美しく穏やかなのにオーラが強すぎて、私は一瞬呼吸をするのを忘れた。成瀬領。その人を演じた大野さんが儚くも官能的で刹那な眼差しを私に向けている。あれは、2008年の夏だったんだ。走馬灯のように巡る記憶がたどり着く先は、Power of the Paradise のPVメーキング。圧巻のパフォーマンスの合間に二宮さんと歩道のベンチに座る一番争い。当然あの日の成瀬領はどこにもなくて、、、いつもと変わらずふわっと柔らかい感じの大野さん、、、いいね。


拍手、拍手コメをくださった方々ありがとうございました。
よい週末を♪





スポンサーサイト

| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2005年以前 | 21:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デビューのころ(大野智篇)/嵐アーカイブ

ポポロ2003/6月号

“デビューのころ”より

大野智

ハワイで嵐のデビュー会見をやったときは、何がなんだかよくわかんなかったよ。東京に帰ってきてからだんだんと実感が湧いてきたんだけど、その頃の映像や写真を見ると、僕の顔はかなり戸惑ってる感じだね。だってあの会見の直前の僕は美術関係の仕事にもかなり興味を持っていて、気持ちがけっこうそっちにいってたからね、そりゃ戸惑うって(笑)。で、嵐になってからは毎日ものすごく忙しくて大変だったけど、今じゃすごく幸せなんだから、人生なんてホントわかんないよね。



デビューから3年半、この年に発売された嵐10枚目のシングル「とまどいながら」にご自身の10代を重ねていらしたこのころ(※)。逃げ出したいような大変な日々や乗り越えなければならない試練の数々。だけど、その先には幸せがまっている。大野さんを包んでいる穏やかなオーラは、奥深い幸せに包まれているんだなって思います。


よい一日を♪または、お疲れ様♪

※ Myojo 2009/8月号 あのときも僕らは歌ってた♪ より

| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2005年以前 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたの一番大切な『One』はなんですか…/嵐アーカイブ

POTATO 2005/10月号

感動の場面をリプレイ!
夏コンのすべて 2005 

嵐LIVE 2005
SUMMUR TOUR One
2005.8.1 より

大野:この曲(「素晴らしき世界」)でコンサートは終わりになります。
相葉:あなたにとっていちばん大切な『One』はなんですか?
櫻井:つらいこと、悲しことがたくさんありますが、それ以上に楽しいことがもっとあります。
二宮:自分、家族、友達、恋人…、自分の中に大切なものがあるはずです。
松本:大切な『One』が見つかりましたか?


嵐からのことばが心に沁みて、読んでいたらジーンとしてしまいました。今日から「嵐のワクワク学校2013~毎日がもっと輝く5つの授業~」東京公演。嵐がグッと近づく夏がやってくる!ワクワクしますね(笑)。


よい週末を♪

| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2005年以前 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メンバーと一緒の舞台に立つと……(大野智)/嵐アーカイブ

Myojo 2005/1月号

もっともっと自分強化 嵐 より

このときふたりは2004/12/4~上映された舞台「WEST SIDE STORY」(12/30まで青山劇場。2005/1/4~9、大阪厚生年金会館大ホール)の稽古中。


櫻井:ねえ、嵐の中では、大野くんがいちばん舞台の経験はあるけど、今までと今回は違う?

大野:違うね。嵐のメンバーがいるっていうのも不思議だし、うれしい。終わったときに、みんなで感動しあえるかと思うと、楽しみっ。



先日礼服に身を包んだ彼らをテレビの中に見つけたとき、5人の静かで高貴なオーラが同調しひとつになっているような不思議な感覚を覚えました。喜びも悲しみも共に分かち合った年月が、あの奇跡のオーラを生んだんだと思ったら深い感動が私を包みました。やっぱり嵐って素敵だなって思います。

| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2005年以前 | 11:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画のチケット(大野×櫻井×松本/嵐アーカイブ

ポポロ 2005/4月号

お久しぶりの
爆笑座談会 嵐 より


櫻井:そういえばさ、俺、「東京タワー」見たいんだけど、松潤、チケットくれない?
大野:俺はちゃんと自分で買って見に行く!
櫻井:だって、なんか恥ずかしいんだよね。岡田くんも出てるし、劇場に女のコいっぱいいそう……。
松本:あー、自分で買って入るのが恥ずかしいっていうのはちょっとわかるな……(笑)。


櫻井さんの気持ちもよくわかるし、大野さんだったら気にせず、自分でチケット買って観に行きそうな気もする。いつだって劇場は女のコでいっぱいだけど、必ずメンバーの作品はチェックする…。仲いいですね。

| 嵐アーカイブ 嵐座談会他 2005年以前 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。