袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「鳥人計画」

バンクーバー五輪のジャンプを見ながら思い出したのは

東野圭吾『鳥人計画』1989 このミステリーがすごい!15位
          1990 第11回吉川英治文学新人賞候補


日本のジャンプ界を担う天才ジャンパー楡井が毒殺された。
捜査は難航を極めたが、一通の「密告状」から活路を見出す。
密告によって逮捕された楡井のコーチ・峰岸は
「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。
俺を密告したのは誰なんだ?」
警察の捜査と峰岸の推理によって浮かび上がった
恐るべき『計画』とは…。
トップでしのぎを削る選手とコーチ。
もし、そこに科学の力が加わったら…。


必死だから、勝利への執念が強いから、
目の前にある誘惑に負けてしまうことがあります。
自分の体を犠牲にしてまでも。
悪魔にたましいを売るとも言います。
でも、
無理に最高の技術を身につけた先にあるものはなんでしょう?
限りなくトップには近づくけれど
そこに幸せはあるのでしょうか?

オリジナルの研究、
競技を愛する情熱によってのみ
本当の天才が現れ
全く違う方法で軽やかに記録を塗り替えていく。
そうだからこそ
オリンピックは面白いのだと教えてくれる1冊です。

傑作だと思います。




嵐の大野さんは
絵を描くときも
フィギュアをつくるときも
なんでもあり
とおっしゃっています。
何にも縛られない、飛躍する心を持ってらっしゃいます。


自分の夢を人に託すことはあると思うけれど
情熱が強すぎて
成長期にある者の
何にも縛られない、飛躍する心
うばわないよう自戒したいと思います。


今日の1枚
hana0214.jpg

スポンサーサイト

| 読書ごと | 17:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東野圭吾「分身」

au 嵐のあたらしいCM 七人の嵐を見て思い出すのは

『分身』東野圭吾1994「このミステリーがすごい!21位」(wiki調べ)

当時の最先端、クローン技術・体外受精
を扱った医療サスペンス。


鞠子と双葉は、北海道と東京で
お互いの存在を知らぬまま大きくなるが

二人に共通する思いは自分の出生に
秘密があるのではないかという疑念。

母親に絶対出てはいけないと
いわれたテレビに双葉が出たことで
物語は大きな展開を見せる。

ほぼ同時にはじまった
出生の秘密を謎解く旅は
親子の情愛をテーマにして
読者を一気に最終ページまで運ぶ
東野圭吾ワールドです。


au のCMで
三人の大野さんを見ながら
絶対映画化は無理だと思われていた「分身」
今の技術ならできるのでは?
大野さんいわく
”三倍疲れます”が



今日の一枚
hana209_20100216163658.jpg

| 読書ごと | 17:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。