袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わが家の歴史(3)

昭和の世相や心をみせてくれたわが家の歴史。
大家族、愛人、才能、才覚、思想。それに、科学技術の発展。

華々しく活躍するわけではないけれど、時代の先端にいつもいたつるちゃん。
フォレストガンプのガンプをやっていたのはこの人だったんですね。

今は、ガンも不治の病ではなくなりました。
たとえ、余命わずかでも残された時間を有意義に使うため告知は一般的。
昭和の時代、鬼塚の妻たちは告知しない道を選びました。
告知されず疑いながらもどこかで、違うことを信じていた。
最後、鏡に映った自分の姿に死期を悟る鬼塚さんを見ながら、
告知をするのとしないのとどっちがいいんだろうと考え込んでしまいました。
妻たちが鬼塚の前で気丈に振舞う姿は、とても立派で愛を感じました。
この愛はきっと鬼塚に届いていたと思います。
博多での鬼塚の入院生活、本妻千晶が政子が用意したピンクのカーネーションを見ながら
「地味だけど、きれいだわ。」
と言うところも、政子に
「必要なものがあったら言って。」
と言ったのを受けて政子が
「ありがとうございます。」
と応えた後の、
「礼、言われちゃった。」
も、ジーンとした、天海祐希さんきれいでかっこよかったなあ。

手塚治虫が
「もっと才能がほしい。」
と悩んでいる姿に凡人の私は一瞬安心したのですが、次の瞬間
「見えた!」
とすらすら動き出す右手に才能というものを見せ付けられました。凡人だけど一生懸命頑張り続けて凡人日記を仕上げた阿野三成、それを支えた波子。二人を見ていると生きる勇気がわいてきます。

戦争が終わってシベリヤ抑留から戻ってきて、政治活動に身を窶した大浦竜吾、左に行ったり右に行ったりしながら最後に
「正直どっちでもよかった。生きた証を残したかった。」
と言うのを見て、昭和の時代数々行われたデモや政治活動に参加した多くの人の本音を聞いたように思いました。

義男が研究に参加する日本の宇宙工学。お金がなくても諦めずペンシルロケットから始め、失敗を繰り返して科学の最先端を目指す科学者の目には現在の事業仕分けどう映るんだろう。

実くんの運動会。昭和の運動会は親が食べきれないほどのお弁当を持って来てくれたなあ。親たちだけの競技も用意されていた。当たり前のように応援していてくれていたけど、結構大変だったんだ。

ゆかりと義男の恋
病に倒れ、病室に横たわるゆかりの手を握り締めて、
「ずっと一緒だよ。」
松本さんの、甘く切ないこの一言。
最高でした。一言で、心持っていかれた。
この一言のために、3日間このドラマを観たんだ。
悔いなし、ありがとう松本潤さん。



スポンサーサイト

| わが家の歴史 | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わが家の歴史(2)

八女家は、大家族。
政子の夫、鬼塚は、大家族が憧れだった。
家族団らんの食事の後、「帰る場所はここだ」と、
東京に構えた八女家の一室で政子に言います。
平成の今、こんな大家族めずらしくなりました。
新鮮で理想の家のあり方にも見えてきます。

見ているだけで昭和に強くなれるほど次から次へ有名人が登場。
榎本健一の木梨憲武
手塚治虫の藤原竜也
高倉健の小栗旬…。どなたもすばらしかったのですが、

力道山(山口智充) ”あの男は力道山を使いに走らした。
          それだけあなたを愛しているということです。”

テレビを見ながら各々くつろいでいた家族が
そのときだけ思わず画面に注目して
力道山かっこいい!って、盛り上がりました。

丸山(三輪)明宏のウエンツ瑛士が、異彩を放っていました。
席をはずす時、 ”化粧直しか、5時間はかかるぞ。” と言われて、
明宏:”いいえ、1週間よ、それまで死なないで。”
三輪明宏のお若い頃を髣髴とさせておもしろかったです。


義男と一之瀬ゆかりとの恋。豪邸の門をはさんだキス。
門がなかったらキュッて抱きしめてましたよね。
あの表現の仕方も昭和だった。
長澤まさみ、今回大人っぽくてしっかりした考えの持ち主。
今までにない長澤まさみが新鮮でした。義男に心配されたとき、
「ありがとう…、まあ、考えておくわ。」
と年上らしく言う、カッコいい大人の女でした。
青函連絡船に乗って駆け落ちをする二人。
乗ったのは洞爺丸。日本最大の海難事故と、政子の出産が同時刻に。
義男がゆかりを略奪するために北海道へ、
目で合図を送る義男がきれいカッコいい!!
ゆかりー、の叫び声は男っぽかったなあ。
二人はどうなるの?


しっかりストーリーになっていて、
昭和が蘇ったみたい。

いよいよ、今日、第3夜。

P1010169.jpg
ありがとうございました

| わが家の歴史 | 13:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わが家の歴史

昭和、しかも自分の親の世代の昭和が色鮮やかに
生き生きと展開されていていました。
空が高くて鮮やかなところまで
きれいに描かれていて
こんな時代があったんだなあって
見入ってしまいました。

松本さんの笑顔が可愛い。
東京へ受験に行くときの松本さん
お父さんが大騒ぎして泣き出してしまうのに
手こずるところ、可愛かった。

進駐軍のパーティー
あのもののない時代にこんな盛大なパーティーが
行われていたんだということも、
ご馳走を何とか家族に届けようとする
政子の奮闘振りも感動ものでした。

戦争が終わって、何もない焼け野原から
湧き上がるようなエネルギーで
中州を復興しようとする鬼塚。
そんな気概のある人たちが
あふれていた時代なんでしょう。


シベリア抑留者たちは、社会主義者になって
日本に帰ってきたなんて知らなかった。
勉強にもなりました。

それにしても、博多のぞうの話みたいないい加減な話、
戦後の混乱期にはいっぱいあったんでしょうね。
これから舞台は東京へ。
なんて希望にあふれた時代なんでしょう。
当時のお洋服も、雰囲気が出ていていましたね。

松本さん、黄色い涙の勝間田 祐二を思い出しました。

東京編、楽しみです。

追記:怒涛の2週間の始まりは
日本テレビ系「人気番組大集合!世界一受けたい授業・春の番組対抗sp」
 4/10(土) 18:30 - 21:54 ※大野・相葉
以下は、名古屋に住む私の覚書です。

≫ Read More

| わが家の歴史 | 00:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。