袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャッチ!/24時間テレビ36会見より

中京テレビ キャッチ! 2013/6/25 16:50頃~

速報 24時間テレビ36会見 より


質問するのは駒井千佳子レポーター

Q.嵐のみなさんにうかがいたいんですが、「ダーツの旅」、今年も嵐のみなさんいらっしゃるとうかがいました。今年は日本のいいところを聞いて回るということなんですが、先にここで嵐のみなさんひとりひとりに「日本のいいところ」どんなところだと思いますか?


二宮:なるほど。
松本:日本のいいとこ、そうですね。ボクはそれぞれの土地に言葉だったりだとか食事だったりとかいろんな文化が、
二宮:うん。
松本:その土地その土地にあるところが、素敵だなと思いますね。
二宮:なるほど。
相葉:そうですね。ボクは季節がはっきりしてるから、同じ場所でも何回も楽しめるっていうのが日本のいいところだと思いますねどね。
二宮:大野さん。
大野:ボクは、繊細さですかね。その~、ホントひとつのものを追求し続けるところが日本人の方にはいっぱいいるんじゃないですかね。
二宮:(櫻井さんに)いいっすか?
櫻井:(小刻みに二度ほどうなずき)ウィ~す(笑)。
二宮:すいません(笑)。そうですね、人ですかね。いろんな人がいるっていうのはすごく魅力的だなって思いますし、そういう人たちに改めて聞けるタイミングを与えてもらったなぁというふうに思いますので、そういう人たちに会えることが嬉しいですね。
櫻井:まあ、その人の温かさだと思うんですけど、それを実感するのがまさにダーツの旅で、5人とも違う場所に昨年行かせてもらいましたけど、なんか本当にその土地土地の人の温かさなんか、「よく来たね~」なんて迎えてくれる温かさに感動したので、今年もすごい楽しみです、ダーツの旅。
駒井:抱きつかれちゃったりとかっていうこともあるかもしれませんね。
櫻井:これは、松本さん、あるかもしれませんよ。
松本:そうですね。是非見かけたら抱きついてください(笑)。
櫻井:イヤイヤ(笑)、そんなこといったら本当に抱きつかれちゃうから。


日本のいいところを、気候風土から人間性まで幅広く掘り下げてくれた興味深いお話は、二宮さんが、相槌を打ちながら会話を回し、最後に櫻井さんが締めるという流れるような展開。 それぞれに言いたいことをおっしゃっているようで骨格がしっかりしているから櫻井さんが話し終える頃には嵐全体の主張が見えてくる。“見かけたら抱きついてください”とおっしゃる松本さんの笑顔!夢のようなその会話の目線の先にいて、視線を独り占めした駒井レポーター。うらやましいかぎりです。それにしても、大野さんのおっしゃる日本のいいところとは、あなたのことですか?と聞きたくなるほどでした。繊細さやものを追及し続ける心。それは、私が大野さんにみる良きものそのものです。


よい一日を♪
スポンサーサイト

| あらしごと テレビごと | 08:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PON!/24時間テレビドラマSP

PON!本日(6/18)10:36頃

今年の24時間テレビドラマSP
大野智 余命3ヶ月青年役

ナレーション:発売3日間で11万枚以上を売り上げた24時間テレビ36チャリTシャツ、そのデザインを草間彌生さんと共同創作した嵐の大野さんが、24時間テレビでドラマに主演です。

殺風景なスタジオの中央に備えられたベッド、ライトに照られ白いシーツに横たわる大野さんのアップが映し出される。端正な横顔、天井に向けられた眼差しがなにを見、なにを思うのか。

ナレーション:毎年話題になるドラマスペシャル、大野さんは29歳で突然ガンに侵され、余命3ヶ月の宣告を受ける青年役。24時間テレビドラマスペシャル死に向き合うという難しい役に挑みます。撮影現場にPON!がお邪魔すると大野さんが役柄について語ってくれました。


大野智

死に至るまでの自分というか、そことの戦いだったり、考えることだったりというのを、どう自分なりに演じられるかっていうのは、まあホント考えながら、やっていこうかなとは思いますけどね。



「今日の日はさようなら」大野さんは既に、死に向き合う青年耕太になっているように見えました。過酷な現実に向き合う凛としたオーラ!ベッドに横たわり天井を見つめる大野さんを見るだけで、胸が締め付けられます。それでも、どんなに泣かされても観てみたい。大野さんの死と向き合うドラマ。

| あらしごと テレビごと | 13:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ズームイン!!サタデー/草間さんへの思い…

今朝2013/6/15 ズームイン!!サタデー 6:30頃

大野智(32)チャリTシャツ
発表&発売に大行列 より

Q.実際、草間さんはどんな方でしたか?


大野智

本当に、正直年もはなれてるのに、年の差を感じないぐらい、息、合ってましたね。「草間さん」って言うのも難しかったんですよ。「先生だし…」と思って…。そしたら、向こうから『やめて、それ』って、『「先生」やめて』って言われて。「じゃ、なんて呼んだら?」って言ったら、『やよいちゃん』…『やよいちゃん』って言われて、「エッー!?」って思って(笑)。(チャリTシャツの左下の水玉を指差し)やよいちゃんがいるんです。これ描こう!、と思って。「これ、やよいちゃんだよ」って言ったらスルーされました。『あそう』、「エッ~!」みたいな(笑)。




2度目の『やよいちゃん』は、草間さんの声色を真似て無表情で、『あそう』は、いかにも無関心そうな感じでその雰囲気まで再現させておっしゃった大野さん。今回、アートですっかり意気投合したおふたり。「好き」を信じてずっとずっとコツコツ磨き続けた才能、ご自身とご自身の作品に向けられた妥協のない厳しい眼差し。その眼差しの先にこんな未来を見ていらしたわけじゃないんだろうけど、様々な出会いが大野さんの振り幅をさらに広げている。踊りも、お芝居も、アートも、全く妥協を許さない大野さんが目指す高みはまだまだ先にある。だって、まだ、32歳。草間さんまで52年もあるのですから。私の敬愛の日々は続きます。


よい週末を♪

いつも拍手をありがとうございますm(_ _)m

| あらしごと テレビごと | 12:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ズームイン!!サタデー/チャリTシャツ…

今朝2013/6/15 ズームイン!!サタデー 6:28頃

大野智(32)チャリTシャツ
発表&発売に大行列 より

大野智

水玉の上に描いてしまいました(笑)。先生(草間彌生)のラブの詰まったイメージ…、イメージを全部話され…話してくださったので、そんで、それを自分なりに表現できたらいいなと思って、まあ、好きなものを描いたつもりですね。




この会見後、東京・イオン板橋店において5万枚以上を売り上げ初日の販売数としては過去最高を記録したと伝えていました。それにしてもすごい人気。去年は60万枚を売り上げたと聞いていますが、今年はどうなることか。まったくすごいお方です。近所のイオンの9時すぎ、売り場にいたどの人の顔も笑顔で、私は幸福感で満たされていました。、Tシャツの上では、草間さんと大野さんがキュートな競演を繰り広げていました。大野さんが、草間さんのラブの詰まったイメージを受け止め、温かく包み、果てしなく広げた。いつまで見ていても飽きることがない、大野ワールドがそこにはありました。私は結局、黄色と白の2枚をゲットです。みんなは、何枚買うのかなぁ……。



よい一日を♪

| あらしごと テレビごと | 09:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャッチ!/チャリTシャツお披露目感想

キャッチ!17:47頃

草間×大野 共同創作
チャリTシャツ お披露目
テーマは「愛」  より

会場(東京・汐留の日テレ)を囲むように2000人のファンが駆けつけました。今年のチャリTシャツは、大胆な色使いや、水玉模様をモチーフにした作品で知られる前衛芸術家草間彌生さんと大野さんが共同で創作しました。

大野:ホント…。
岡田(ますだおかだ):うん。
大野:夢のようでしたね、ちょっと。まさか自分が、コ、コラボしていいの?みたいな。
右手にマイクを持ち、左手で耳を触りながら岡田さんを見つめるように話す大野さん。浅黒く焼けた肌に、濃いブルー地に黒のボーダのブイネックの上に羽織った黒のジャケットがよくお似合い。ネックレスの黒とシルバーがライトにキラキラ光るのも素敵。

ふたりは、今年の4月から制作を始めていました。

今年4月、草間さんのアトリエにジーパンとシャツ姿で現れた大野さん。

大野:先生!
草間:どうも、今日はよくいらっしゃいました。
大野:お久しぶりだよ。
駆け寄るように近づき、両手で握手をし、頭を下げる大野さん。

去年末、番組で共演して以来の再会でした。草間さんが仕上げたデザインをベースに、意見を出しながらイメージを膨らませていきます。

大野:先生一押しは何ですか?先生の一番……。
大野さんが、草間さんの作品を一枚ずつめくりながら尋ねると……
草間:私、先生なんて言わないで、大したことないんだから。
大野:や、いや…、じゃ、なんて呼んだらいいですか?
草間:彌生ちゃん。

ハニカムように、大野さんを見つめる草間さんと、左手をおでこに当て、がっくりうなだれるように照れ笑いを浮かべる大野さん。そして、上を見上げ目を細め、

大野:呼べるかな~、やよいちゃん?
草間:やよいちゃんよ。



再び、お披露目会場

大野:4、3、2、1オープン!

それは、今までのチャリTシャツの概念を超えた正にアート!去年は、大野さんが書担当で、若干寂しかったし、2004年の時は、大野さんが下書きのつもりで描いたものが採用されてしまったとおっしゃっていたような。でも、これはちがう、鳥肌が立ちました。感動に胸震えました。楽しそうに、お披露目する大野さんにとっても会心の作品に違いない。草間さんとの共同創作で大野さんはまた一歩、アートの世界に踏み出した感じ。今まで、人ごとのように見ていたのですが、今回は心から欲しい!そう思ったピンク・ブルー・イエロー・ホワイト!裏まですごい!その裏について、


大野:ホントに、彌生ちゃんは、愛について語られていたので、このドット一個一個の中にも愛が、すごい詰まってるのが、出ちゃった感じのイメージで描きました。

解る!感じられる!出ちゃってる!愛が!!!大野さんて人はやっぱりすごい。全然すごくない感じですごいことをお話になってる大野さんに胸キュンです。





いつも拍手をありがとうございますm(_ _)m

よい週末を♪

| あらしごと テレビごと | 20:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。