袖すりあうも他生の嵐

嵐に癒され、大野智さんを尊敬する主婦のゆるいひとりごとです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「映画怪物くん」Xmas特別上映会(「ZIP!」):いつまでも大切にしたいもの。

本日(12/20)ZIP SOWBIZ TODAY AM6:48頃

「映画怪物くん」Xmas上映会
大野智(31)一番大切なものは? より

“愛する人へのメッセージ”ツリー
怪物くん上映会1

妻から夫へ「子どものために釣りを我慢してくれてありがとう」というメッセージに

大野:いいパパだと思いますよ。「釣りに行かず子どもと遊んでくれて…」って。
司会:やっぱり釣りを我慢するというのはそれぐらい(大変)?
大野:「仕事に影響がおこるから… 釣りにはあんまり行くな!」っと、言われたりね…。あるんですよ。

さらに「大野さんがいつまでも大切にしたいものはなんでしょうか」という質問には

大野:釣りです。(ニヤ)ウソです。やっぱり出会った方たちじゃないですか。
司会:素晴らしいコメントありがとうございます(笑)。
大野:本当に(そう)思ってます?

7:28 「ラブラブカップルに一言」より

大野:これを機にね、温かい夫婦がまたひとつできることにつながればいいなと思います。まぁ、僕はひとりぼっちですけどね(笑)。

テレビの中の大野さんは、釣りを封印されているらしく、愚痴をポロリ。カップルにアツアツぶりを見せつけられて一言ポロリ…。ドS.オーラ全開なのに、その向こうに出会った方たちへの感謝の気持ちがキラキラ光ってる。通路に立った大野さんが「映画怪物くん!」というと客席のカップたちから「Merry☆Christmas!」。そして大野さんがピースをする。大野さんから出るパワーと会場を包むしあわせオーラが私にはとっても眩しかったです(笑)。


いつもご訪問、拍手ありがとうございますm(_ _)m

よい一日を♪


仲間由紀恵&嵐・大野のアドリブ大反響!→ (情報サイトZAKZAK)
スポンサーサイト

| 怪物くん | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中村義洋監督

いがぐり坊主にメガネと童顔を隠すかのようなヒゲ。番宣で、大野さんとご出演の時も、求められなければ自らはほとんど語らなかった。地方のOAでは、画像から、バッサリその姿がカットされていて、てっきり出演されていないかと思ってしまったこともあった。穏やかでおとなしめ、普通の人にしか見えないのこの監督に注目したのは映画怪物くんを観たあとだったかもしれない。

+act 2011/11月号
作品解説interview より

中村義洋

ストーリーについては、もう6割ぐらい出来ていたので、大きな設定は変えられないこともありましたが、最後の方に描かれる“怪物くんが、何をもって新大王になるのか?”という部分は、意見させてもらいました。



中村監督は、ご自身の考える演出の8割近くはキャステキングだと考えていらっしゃる方なのに、はじめからキャスティングもストーリーも決まっていたこの映画。だれがメガホンを取ってもよかったのでは?と思ってしまいそうですが、映画を観たらわかりました。監督が意見してまで通した筋書きこそが見どころ。ちっちゃな正論を、あの大野さんに語らせてしまうようなことは中村監督はしなかった。スカっと気持ちよい落ちどころに落としてくれた。そのせいで、世のママたちは、「怪物くんだって○○なんだから、がんばって○○しなさい」なんていう都合のいいワードを封印させられてしまったけれど、もっと、大きなところで、怪物くんみたいになって欲しいと思わせてくれる良質の映画になった。と、私は思います。



任せられる。任せられるというより、大野君のほうが正しいことが多い(笑)。僕の出会った役者の中でも、そう感じさせてくれる人は数える程度です。それくらい上位に入る役者ですね。表情のバリエーション、お芝居の幅、その役としての想像力…そういった部分は、天才だと思います。天才は努力しなくなっちゃうけど、彼は“努力し続ける天才”というか。そういう気がしますね。

居心地の良い現場。心通じたからこそ、任せられた。大野さんと中村監督の出会いは、必然だったかもしれない。志の高さと譲れない確かなものを持ちながら、傍から見ると普通。おふたりが、先頭をひた走りながら普通であること自体、スペシャル。役者大野智の魅力満載の映画をありがとうございます。と申し上げたいです。

| 怪物くん | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『映画怪物くん』番宣:ラッキーブランチ

本日(11/25)中京テレビ「ラッキーブランチ」AM10:59頃、

日刊ブランチシネマ
マンガが原作!映画スペシャル
独占インタビュー より
大野智(嵐)、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、中村義洋(映画監督)


本田アナ:ちょっとプレッシャーではなかったですか?人気マンガが原作の主人公ですけれど。
大野:プレッシャーはないんですよね。なんか知らないですけど。みんなでやってるから、ひとりじゃないっていうのはデカいですよね。

Q.普段の大野さんは?
上島:はっきり言っていいですか?
本田:えっ?はっきり?
大野(ニヤ)
上島:プライベートでは、オーラ無いですね。
大野:ハハハハ!
上島:そこがイイところなのかな。付き合いやすいかなと。
本田:言われていますけど…。おふたりはプライベートでも親しいんですか?
大野:そうですね。僕が飲んでるときに上島さんから、”今、終わったけどどこにいる?”的な。“ここにいるよ”っていうとね。
上島:そうそう。ちょっと払ってもらおうかなっていう下心もある…。
大野:いや、今まで全部ご馳走になってますよ。
上島:やめろ。ちゃんとジャニーズに領収書回してるんだから。
大野:最低だろ(笑)。

最後にメッセージを
大野:子供から大人まで楽しめるすごい深い内容になってるので、ぜひ2Dを見てから、3Dのイメージを膨らましてですね、3Dを見て、で、もう1回、改めて2Dをね…。とにかくいっぱい見てくれ!!

松岡ひとみ(コメンテーター):原作を知らない子供たちにとって、怪物くんイコール大野くんなんです。子供たちの前に出ると子供たち緊張するんですって。そのまんまの怪物くんだから、いつ怒り出すかわからないから。


大野さんが、怪物くんの衣装を着るとき、怪物くんであることにこだわる理由は、こんなところにあるんですね。子供たちにとって、大野さんの演じる怪物くんが全て。子供の夢を壊さないようにキャラにこだわる大野さん、奥深いです。

| 怪物くん | 12:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『映画怪物くん』番宣:スッキリ!

本日(11/25)AM9:14頃、

気になるウワサ教えて!
ト→クッス より


Q.嵐のメンバーを怪物に例えるとしたら何になると思いますか?
相葉雅紀 → オオカミ男
櫻井翔  → ドラキュラ
二宮和也 → フランケン
松本潤  → ドラゴン

大野:オオカミ男は相葉ちゃんです。オオカミ男自体、涙脆くて感情的なところがあるので、そこ、相葉ちゃんに似てるんですね。
加藤:内面の部分でね。相葉君はやっぱりメンバーを引っ張っていく感じなのかな。
大野:ムードメーカーですね。翔くんはドラキュラ。結構、服装がきちんとしてるので、ドラキュラも(きちんとしているから)。
加藤:二宮くんがフランケンっていうのは?
大野:ニノがフンガーとしか言ってたら面白いなと思って。
加藤:それだけ?
大野:はい(笑)。
加藤:ちっちゃいけどね、二宮くん。
大野:そうですけどね。
加藤:松潤は?
大野:ドラゴン。映画で出てくる新キャラクターなんですけど、顔が似てるんですよ。
加藤:目ぐりっとしてて。
大野:目ぐりっとしてて、見た目だけですけどね。
加藤:ちょっとわかるわ~。大野くんが一番仲のいいメンバーは誰になるんですか?
大野:メンバーの中ですか?いや、一番とかないですよ。みんな本当に…。
加藤:でも、一番よくいっしょにあそびに行ったりするメンバーとか。
大野:でも、まあ相葉ちゃんとはよく飲んだりしましたけどね。
加藤:えっ?飲むってどこで飲むの?
大野:普通のとこですね。
加藤:普通の飲み屋にふたりで行って?
大野:はい。あと、ライブのツアー中に泊まったホテル。
加藤:部屋飲み?
大野:ええ。そいで、“嵐でよかったね”ってお互い泣くっていう(笑)。
加藤:それ、どういう状況?部屋飲みで、飲み出すよね。お疲れ~って。
大野:だんだんはいってきて、相葉ちゃんから泣き出して。
加藤:それ、何杯目くらいから?
大野:結構いってますけどね。
加藤:ま、10杯、20杯くらいから。
大野:くらいから、“オレ、嵐でよかったよリーダー”って、泣き出すの。で、それを見てオレもつられて泣く。
加藤:それ(部屋飲み)は、いつ解散するんですか?
大野:お互い眠くなって、途中翔くんが入ってきて“もういいよ、おまえら”みたいになって。
テリー:確かに、嵐でよかったよね。
加藤:それは決まりになってんの?
大野:それは10周年の時。
加藤:いい酒だね。

Q.撮影の時の思い出といえばなんですか?
加藤:これは怪物くんの撮影の思い出。
大野:インド行ったんですけど、カレーでしたね。食べたのは全部。
テリー:美味しいでしょ、
大野:美味しいです。1日3食食べても全然飽きないしませんでしたね。
加藤:でも、和食みたいなあっさり系も食べたくなるだろ?
大野:でも、全然ならなかったですね。いろんな種類あるんですよ。カレーでも。
加藤:どのくらい行ってたの?
大野:これは3日でしたね。
加藤:3日間だったら、全然カレーいけるんじゃん。
大野:いけますね。パスタもあったんですけど、カレー味なんですよ(笑)。

Q.さて、大野くん。占いは信じる方ですか?
大野:信じる方ではありますね。
加藤:占って欲しいことはありますか?
大野:そうですね。僕の将来的なことだったりいろいろ。
魚ちゃん:安定ですね。バラエティーの司会者。


朝から、番宣で頑張る大野さん。力まず穏やかで素敵です。加藤さんの勉強不足は否めない感じがしましたが、知らないから、メンバーの中で誰と一番仲がいいの?とか聞けちゃうんだろうなって逆に新鮮。魚ちゃんの占いには、私はあんまり心動きませんが、どんな質問にも、動じることなくきっちり答え、相手の気持ちに寄り添える。引き出しが多くて、感性豊かな愛されキャラの大野さんなら、バラエティーだけじゃない。いろいろな場面で対象の人や物のもつ味を引き出してくれるよな気がします。司会、ありだなって思いました。

| 怪物くん | 11:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『映画怪物くん』番宣:CBCみちゃえる

本日(11/25)みちゃえる(CBC)AM1:11頃

最新エンタメ情報 
映画 怪物くん より
大野智(嵐)、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、中村義洋(映画監督)。

Q.インドロケのエピソードは?
大野:小バエがいっぱいいるとこがあったんですよ、一か所。黄色着てるじゃないですか。だから、集まってきちゃうんですよ。
上島:黄色にね。
大野:黄色に集まっちゃう。だからね、はらってたんですけど…。あれ、はらってないとホント、黄色がなくなるくらい、引くぐらいついてて。この人(上島)引きましたからね。
上島:なんか、小バエがついてる、寄ってくるって騒いですから、なにいってるんだよ。インドまで来てって思ったら、ぱっと背中見たら真っ黒なんですよ(笑)。

Q.怪物くんの魅力は?
中村:孤高のというか、こんな人いないだろうっていうぐらいの純粋さ、もうちょっと計算したほうがいい、裏表あるくらいに…、っていうふうに思っちゃうところですね。だからこそ、どんなワガママをいっても、お供の3人がついてくるというか、そういうところですね。

Q.3Dの撮影は大変でしたか?
大野:監督が芝居OKでも、3Dチームが角度とか髪の毛1本出てたりすると3Dにならないというのがあって…。そういった面ではなんか最初は集中力、もたないんじゃないかと思いましたけどね。本番を常に同じ気持ちでいかなきゃいけない…。
上島:そういった意味では、すべてね、みんなそうなんだけれども、すべての人、メイクさんだったりね…?フッ、そうでしょ?
大野:いやいや、急にトーン下がったから。
上島:おふたりはいいですよ。僕はこういうテンションで話とかないと、見た人がインターネットか何かで、上島が偉そうにしてたとか言われる可能性があるんですよ。なにをふたりに合わせようとしてるんだとかね。
大野:今回は、俳優としてきてるんだから、大丈夫。


ウエストを絞ったライトグレーのジャケットと、黒のタイトなパンツ。インナーのベストは濃いめのグレー、白いシャツに結ばれた白系のネクタイが「One Love」を思い出させました。全体のシュッとしまった外見と、リラックスした話しぶりは、まさに俳優大野智でした。

| 怪物くん | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。